ページの先頭です。

シロアリ被害と施工実例集

シロアリの食害事例と施工事例のご紹介

シロアリの食害被害

このページでは、ピコイにシロアリ駆除をご依頼いただきました全国のお客様の被害状況や施工事例をご紹介いたします。特に築年数が経過している木造住宅はシロアリの食害リスクが高く、基礎まわりだけでなく天井裏の梁付近まで食害が進行している場合があります。
特にヤマトシロアリの食害は、個体数も少ないことからある程度限定的となりますが、イエシロアリは1つのコロニーに50万~100万匹単位で活動しているため、食害の進行速度が非常に速く、気づいたときには既に手遅れという場合も少なくありません。シロアリは木の内側を食い荒らして行きますので、木材表面の見た目だけでは食害の進行度合いを推し量ることは困難です。打検した際の音によって、木材の中がカスカスになっていなかなど、早めの点検が肝要ですので、シロアリ被害が気になる方や実際にシロアリが発生しているような状態の方は、早めにピコイまでご相談ください。

シロアリ被害実例集のご紹介

  • ・長野県松本市 Y様宅
    早めにご依頼いただいたことが奏功し、甚大な被害を被るイエシロアリの早期駆除ができました。土中の巣はかなり大きなものになっていました。
  • ・神奈川県横浜市 T様宅
    東日本で散見される外来種のシロアリ「アメリカカンザイシロアリ」の駆除を行いました。他のシロアリにくらべ体が2倍近くあり、家屋も激しく加害されていました。
  • 東京都荒川区 O様宅
    イエシロアリの駆除を行いました。既に築年数も相当に経過しており、単に柱や床の痛みだと勘違いしていましたが、調査したらシロアリに相当食い荒らされていました。

このページでは、許可をいただいたご依頼者様の被害状況と施工事例を順次追加していきます。

ご相談・お問い合せはこちら お問い合わせフォームへ