ページの先頭です。

シロアリの巣の特徴と見つけ方

シロアリの巣はどうなってるの?

シロアリの巣

ヤマトシロアリは数千~数万匹の比較的小さなコロニー(巣)を作ります。家屋の被害部分が巣となっていることが多いです。

イエシロアリは数百万匹の巣を作ります。土の中に塊になった本巣と呼ばれる巣を作り、そこから蟻道を伸ばして道の途中でも枝分かれのようになった分巣と呼ばれる言わば支店のような巣を作ります。本巣は、大きいものでは1メートル以上にもなり、分巣を作るために辿る蟻道というのが、家の木材になります。

ですので、分巣を含めたコロニー全体としては最大半径100mになるものもあります。途中の分巣だけを駆除しても大元の本巣を駆除しなければ完璧な駆除とはなりません。なぜなら再びそこから小さな分巣を作っていくからです。

シロアリの巣があるところ

ヤマトシロアリは基本的に湿気があるところを好むので床下、床面付近、雨漏りのする天井裏や柱、浴室など水分のあるところです。また、特に場所を決めないで食害の場所がそのまま住み家(巣)となります。小さな集団なので、水や餌(湿った木や段ボールなど)を求めて移動していきます。

おもに湿った木や段ボールに住み着き、加害します。しかしながら木そのものが乾いていても土が湿っていたりするとシロアリが生息している可能性もあります。湿った土の上にある木の皮を剥いでみたり、置きっぱなしの段ボールの表面を剥いでみてください。シロアリを発見することもあるので要注意です。

イエシロアリは水を運ぶ能力があるので、どこにでも巣を作ることができます。湿気のない乾燥した場所でも生息は可能です。地中に大きな巣を作り、王と女王のいる場所を中心として分巣をし、そこから動かず定住します。黒アリの巣と似ていますね。

上記の二種類、いずれも蟻道を作って移動します。蟻道とは、シロアリが土や粘液、排泄物によって作り出すトンネルです。乾燥や光が嫌いなシロアリが地中から餌(主に木材)までたどり着くために作り出します。この蟻道がシロアリ発見の重要な項目の一つです。

次のページでは、シロアリの主なエサは?をご紹介いたします。

ピコイの「シロアリ退治」をご利用になられたお客様の声

  • ■東京都足立区 S様
    築50年の古民家の床下がシロアリにやられていました。畳の上にタンスを置いていたため、タンスの下は目に触れることがなく、その場所を中心にシロアリ被害が拡大していましたが、ピコイさんに駆除をお願いしたところ、拡大していた巣を全て撤去してくれて、再発の可能性は当面ないという状態にしてもらえました。もちろん今でも再発生はなく、5年保証もあるので安心です。
  • ■京都市中京区 T様
    京都の古民家は風情がある一方でメンテナンスが非常にたいへんです。特に住居の重要な柱や梁などがシロアリの食害に見舞われると改修のしようがありませんので、早くから定期的にシロアリ防除の薬剤塗布や散布が非常に大切です。ピコイさんはシロアリ駆除の実績はもちろん、こうした古民家の扱いや特性を熟知しているので、安心してお願いすることができました。
  • ■広島県甘口市 A様
    自宅が沿岸部で海に近く、一般的な居住エリアにくらべ湿度がたかく、家屋のいたるところで湿気が多く発生していましたが、はじめてシロアリを見つけて、どうしたら良いかも分からずピコイ様に相談させていただきました。営業所が市内にあるということですぐに駆けつけてくれたので、その迅速な対応に感銘いたしました。電話窓口のサポート対応も非常に好感を受けました。

ご相談・お問い合せはこちら お問い合わせフォームへ