ページの先頭です。

シロアリの発生原因について

暖かく湿度の高い場所がシロアリの好み

暖かく湿度の高い場所がシロアリの好み

シロアリは水分を多く含んでいる場所の木材や段ボールを好みます。それらがシロアリの餌になるからです。外壁のわずかなひびや隙間から中に水が入り、壁や柱に湿気を含んでしまい、木が大好きなシロアリの住み家になる場合があります。床下が狭かったり、換気口が少ないと風通しが悪く、空気が湿り気をおびて澱み、シロアリの好む環境になります。湿度が高く暖かい浴室も同様です。浴室や洗面所を水で濡れた状態のままにするのは避け、ひびの入った壁やタイルの隙間があったら速やかに埋めるようにしましょう。

また、カビの発生にも要注意!カビが発生しているということは「湿気が多い」ということ。シロアリの好むところとなっている可能性が大きいです。部屋の中や押入れのカビを見つけたらシロアリがいる可能性があるということ。窓の結露にも注意が必要です。

お庭の木材や廃材、ゴミなどに注意しましょう!

木材や廃材に注意

床下や庭に木材を放置してあるとシロアリを呼んでしまいます。なぜなら木材はシロアリの餌となるからです。

特に土の上にある木材はシロアリが外気に触れずに土から木材に付着することができ、シロアリの好む、暗く湿り気のある場所のため、あっという間に住みかとなります。また、忘れがちなのですが、庭のガーデニングに使用している木材やウッドデッキなどにもシロアリが発生しますので予防や対策が必要です。なるべく木材を乾燥させるようにして、水に濡れてしまっても腐朽しないように注意するか、所定の防腐剤や防蟻剤を散布するだけでも違いがあります。

古い木造建物が多い居住区

古い木造建物が多い居住区

築年数の古い住居が多い居住エリアでは、シロアリ以外にもゴキブリなどの害虫も出やすい傾向にあります。仮にご自身の住居だけが新築だったとしても隣家や周りに古い住居が多くあると、必然的にシロアリが発生するリスクも高まる傾向にあります。

新築の場合は施工時に、柱などの木材や梁、基礎まわりに防蟻対策をしていると思われますが、中古等で住宅を購入される場合は、外観の見た目だけではなく、屋根裏や床下などをチェックして蟻道などの形跡がないか入念に確認する必要があります。仮に駆除対策をした形跡があったとしても、既に薬剤の効果が薄れている可能性がありますので、特にお風呂やトイレ、洗面台などの水まわり周辺の床下には注意しましょう。

シロアリはあらゆる物を餌にします!シロアリを見つけたらピコイにご相談ください。

  • シロアリを駆除したい 全国に営業所のあるピコイなら安心 【全て自社スタッフが施工】
    ピコイのシロアリ駆除は全て施工実績豊富な全国28拠点の自社スタッフが対応、下請け業者が工事することはありません。ピコイの全スタッフが責任をもって対応いたします。
    全国の営業所はこちら
  • シロアリ発生が気になる 無料点検いたします 【安心の5年間自社保証】
    シロアリ駆除業者の保証内容は様々です。工事後にトラブルに見舞われないよう、契約前に必ず保証内容をご確認ください。ピコイでは再施工無料、最大300万円まで修理保証。
    ピコイの安心5年間保証
  • 料金が気になる 御見積り提示徹底 【より具体的な調査報告書】
    シロアリ駆除の見積もり金額が本当に適正なのかを判断するのは困難です。ピコイでは各作業項目ごとに明確に金額を提示いたします。少しでも疑問点があればお問い合わせください。
    シロアリ被害の症状と調査

ご相談・お問い合せはこちら お問い合わせフォームへ